映画「それいけ!アンパンマンふわふわフワリーと雲の国」を観たらドキンちゃんに感情移入して涙でた【感想】

劇場版「それいけ!アンパンマンふわふわフワリーと雲の国」を4歳息子と2歳娘を連れて見てきました。

感想を書いていくのでネタバレあります。ご注意ください。

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

  ↓

離婚準備中なせいでドキンちゃんに感情移入

離婚準備中の私。

子供の親権はもちろん自分に欲しいのですが、夫の年収が自分の4倍あるので、子供たちは夫のもとで暮らした方が豊かに生活できるだろう、と子供のために親権を手放す覚悟を決めようとしています。

この状況でフワリーちゃんの映画を観るとドキンちゃんに感情移入してしまいます…。

 

映画の中では、ドキンちゃんが赤ちゃんフワリーに出会い、ばいきん城に連れて帰って愛情たっぷりに育てます。

やがて成長するフワリーちゃん。

でもドキンちゃんは途中で気付きます。

「フワリーちゃんは雲の子なのかも‥ずっと一緒にいられないのかも…」

そう思ったドキンちゃんは、フワリーちゃんが雲の子たちと遊ぶのをやめさせようとします。

でも雲の子と一緒に遊びたいフワリーちゃん。

ドキンちゃん「もう雲の子たちと遊んじゃだめ!」

私(子供が夫を慕うのをよく思わない私と同じだ…)

 

でもフワリーちゃんはいつか雲の国に行ってしまう…。

でも…ずっと大好きだよ!

雲の国へフワリーちゃんを送り届けるドキンちゃん。

私だ!!!!

父親に親権を預けようと決意している私だ…!!!!

もう予告を見るだけで涙出そうです。

ずっと可愛がって一緒に暮らしてきたフワリー。

ずっと一緒にいたいけど、あなたは雲の子。

雲の子たちと一緒に暮らす方が幸せだよね。

離れて暮らしてもずっと大好きだよ…。

 

フワリーちゃんは最後に自分の力を振り絞って、ドキンちゃんたちを助けるんですよね。

頑張って育てた子供が、自分の盾になろうとする…。(号泣)

 

こんな形でアンパンマンの映画に感情移入することになるとは思いませんでした…。

離婚するときに旦那さんに親権を渡す母親って少数だと多いますが、同じような状況の方はぜひ…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました