【実践】バーミキュラのライスポットで料理してみた【無水調理】

無水カレー、無水ミネストローネ、ちぎりパン、とうもろこしごはん(これはおまけ)。

せっかく無水鍋を持っていたら無水調理を試してみたいですよね。

カッコよくておしゃれなVERMICULARの炊飯器の調理機能を使ってみました。

付属するレシピ本を参考にしています。

その味や感想などを載せていきます。

無水カレー

まずは無水カレー。

1、トマト(大4個)

2、粗みじん切りにした玉ねぎ(2個分)

3、スライスした玉ねぎ(1個分)

4、人参(1本)

5、一口大にした鶏もも肉(300g)

この順番に重ねて調理の弱火モードで60分に設定して待つだけ。

↓60分後

水を入れていないのに野菜の水分が出てきています…!

あとはカレールーを入れて混ぜて、余熱で10分おいて味をなじませたら完成。

う〜〜〜〜ん、いつも使っている市販のルーを使ったので味はいつものカレーですね(笑)。

「これ無水調理だよ!」と言われたら「そうなんだ!」とありがたみを感じる…。

炊飯器でカレーを作っているので先にご飯を炊いておく必要がありますね。

無水ミネストローネ

オリーブオイルとニンニクを調理モードの弱火で3分加熱。

1、ベーコン(200g)

2、トマト(大3個)

3、玉ねぎ(1個)

4、なす(1本)

5、人参(1本)

これらを1㎝の角切りにしてこの順に入れます。

塩こしょうを適当にふって、調理モードの弱火で30分加熱。

30分後、トマト缶を1缶入れて弱火モードで10分

まぜて完成〜!

水を入れてないのにスープになるのがすごい。

調味料にオリーブオイル、ニンニク、塩こしょうしか使っていないので野菜の味が強め。

トマト缶を入れてから10分しか煮込んでいないので味は酸っぱめ。

もっと煮込めば酸味がとんで味が馴染むはず。

余ったので次の日にコンソメを足してパスタにかけました。

めちゃうま。

ちぎりパン

強力粉、塩、ドライイースト、牛乳、砂糖、卵、バターをまぜてこねこねしたものをライスポットにイン!

保温モードを使って発酵。

小分けにして発酵

→弱火で20分焼く

裏返して5分焼く

→余熱で15分

完成。

うーん固い…。

打ち粉が多かったかも…。

固いのでフレンチトーストにして誤魔化してみるも固い…。

手作りパンはオーブンで作りたいですね!

興味ある方は炊飯器でも作ってみてください!

おまけ〜とうもろこしご飯〜

これが簡単で絶品なのでやったことない方は是非!

米2合ととうもろこし1本を入れていつもと同じ水加減でいつもと同じように炊くだけ。

芯を一緒に入れると風味が出て美味しくなるらしいです。

炊けたらバターと醤油を回しかけてまぜます。

これが本当に美味しい。無限に食べられてしまう。

いろいろ作ってみたけど

無水鍋を持っていたら無水調理はやってみたいですよね。

バーミキュラのライスポットは無水鍋にタイマーがついているので、最初に材料を入れたらほとんど放って置けるところが便利です。

そもそも無水調理のメリットは『素材の栄養を逃さない』などですので普通に調理したときより格段に味が美味しい!とかではないです。

でもいつもと調理の仕方が違うだけで楽しいですよね。

以上です!

【感想】Vermicular(バーミキュラ)のライスポットを買って3年経った【レビュー】
バーミキュラの炊飯器を買ってから3年が経ちました。愛知県で職人の手で丁寧に作られているバーミキュラ!使ってみて実際どうなのかレビューしていきます。ちなみに我が家では5合炊を使っています。どんな銘柄の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました